* tomovoz diary *

- - 池田朋子♪ 公私ごちゃまぜの時々記です - -
<< 遅れてきたDinky-Di祭り♪ | main | ひとくぎり? >>
三年
真っ青
コレだけだと何だかよく分からないかしら?…空(そら)です☆

東日本大震災から3年が経ちました。

当時、私はビルの4階で作業中でしたので、震度5でも機材が倒れる程の揺れでした。
暫くは被害の全容が分からず、仕事再開するも余震で中断、帰途に就こうにも電車が動かず、家族と連絡も取れない不安や寒さや足の痛みを堪えて、5時間半歩いて帰宅した事を思い出します。
漸く家に辿り着き、修復不可能な被害は食器の破損程度で、家族とも連絡が取れたところで、急ぎテレビをつけ、信じられないような映像に衝撃を受けました。
被災された方々を想うと胸が締め付けられるように苦しく、自分に出来る事を考え、微力ながらも動く日々でした。

改めて、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りします。
そして、ご遺族の方々と被災された方々に心からお見舞い申し上げ、エールを送らせて頂きたいと思います。
心の傷は3年で癒える事は決してないと思いますが、明日に向かって進めている事を願います。
しかし、行方不明のままの方もいらっしゃいますので、なかなか前を向けない方も多いと思います。
心の問題も様々なケースがあり、目に見えないだけに非常に繊細で本当に大切な事ですが、目に見える現実として、復興が進んでいる部分と、まだまだ復興には程遠い部分がありますね。
其々の地域で其々の課題に取り組んでおられると思いますが、特に気がかりなのは原発被災者の皆さんです。
原発事故のキッカケは自然災害ですが、長年かけて人間が生み出してしまった人災ですね。
原発は安全だと信じ込ませられた近隣の人々が、未だに自宅に帰れず、簡単に言葉にし難い事ですが、今生で故郷に戻れないとも言われています。
子ども達の甲状腺がんの不安も深刻ですし、屋外で遊んだり運動したり出来ない子ども達の体力低下等も報告されています。
福島原発被害は収束した等という謎の宣言をした首相もいましたし、現首相は汚染水はコントロールされている、ブロックされている等と無責任な発言を重ね、原発再稼働や原発輸出を進めようとしていますが、権力をもって民意を無視し続ける様に政治家としての資質を疑問視せざるを得ません。
福島原発の廃炉作業が遅々として進まないどころか、人為的なミスで大変なトラブルが続発している現状の裏には、被曝線量オーバーで働き続けられない作業員の方が増える中、原発再稼働と五輪準備に作業員が動員される事で、人手不足に拍車がかかり、作業に不慣れな企業・作業員が過酷な環境での激務を強いられているという事情があるようです。
長期間、避難所や仮設住宅での生活を余儀なくされた方々からは「政治は何故もっと復興に力を入れてくれないのか」との嘆きの声がよく聞かれますし、数日前の世論調査では、復興が進んでいないと感じている人は8割近く、脱原発を望んでいる人は約7割、その他の設問の結果からも、現政府は国民の為に政治力を正しく使っていない事が見えるのですが、支持率は意外に高い。。皆さん本当に自分で考えていますか?と不思議に思います。(経済政策を評価する人もいますが、現実は庶民が景気回復を実感する前に消費税増税に苦しむ運びとなっておりますね。)
自分が現時点でさほど不自由なく暮らせていると、なかなか気付けない事が沢山ありますが、遠くで困っている人の為に、病気や貧困等と闘っている人の為に、子どもや孫や…私の場合は甥と姪…自分の後に続く世代の為に、そして少し先の未来の自分の為に…、社会人ならば、少なくとも成人しているならば、ただ大きな声で叫ばれる情報だけを鵜呑みにせず、物事を多角的に捉え考えて、想像力を働かせて、優先すべき事を熟考して、自分が正しいと思う事を実現してくれる、自分の想いを代弁してくれると思える人を政界に運ぶ努力を怠ってはいけないと、切実に思います。
震災の話題から脱線したように思われるかもしれませんが、個人の力ではどうにもならない廃炉や除染や復興を最優先していない政府を容認する事は出来ない、という強い想いがこの3年ずっと続いています。
震災当時の政府も未曾有の災害に的確な対処が出来ない頼りなさを感じましたが、政権交代してからは憤りに変化しています。
…語り尽くせない想いがありますが、被災された方々の為にも、ちゃんと復興支援を最優先してくれる政治家を選ぶ事も、私達に出来る支援の一つだと確信しています。
私自身は具体的には、継続的な募金や、支援物資の提供と仕分けボランティア、準被災地の観光くらいで、仕事(音楽)を復興支援に活かせていない現状を不甲斐なく思いますが、今は音楽家としては難しくとも、人として、被災された方々を支援できる道を今後も探していきたいと思います。

快晴
今朝、横浜は快晴でした。
震災以降は東北のお天気が日々の心配事でしたね。
紅梅
庭の紅梅が満開です。
お昼寝シバ太郎
シバ太郎はお散歩後に一眠り。
洗顔ムギ太郎1 洗顔ムギ太郎2
洗顔ムギ太郎3 洗顔ムギ太郎4
ムギ太郎は顔を洗っています。

“普通の”日々に感謝。
被災者の皆さまが“普通の”生活を一日も早く取り戻せる事を願いながら。
| 朋♪ | - | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.tomovoz.com/trackback/1379215
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ